Loading

ブログ

顧問契約のメリット

一般的に、弁護士と企業の間の顧問契約の料金は、月5万円程度です。では、企業にとっての弁護士との顧問契約のメリットとは何でしょうか。うちにはそんなに法律問題なんてないよ、だから弁護士との顧問契約なんていらないよ、税理士とは顧問契約を結んでるけど、という企業も多いと思います。当職の考える顧問契約のメリットは、ある程度頭がよく中立な立場にある人間に気軽にいろいろなことを相談できる、という点です。相談する内容は、法律相談以外でもいいと思います。この業界にいて思うのですが、弁護士になる人はやはり基本的には頭がいいです。そのような人を仮に会社で雇うとなると給料は高額になるでしょう。しかし弁護士との顧問契約であれば、月5万円程度の出費で済みます。月5万円程度の出費で、法律問題のみに限らず頭のいい人の意見を聞けるという点は、企業にとって大きなメリットであるように思います。加えて、顧問としての弁護士は、いろいろな使い方ができます。社員に言いにくいことを、顧問が言っていたから、といって社員に対し顧問の名前を使って言うこともできます。取引先から無理難題を言われた時も、顧問が言っている無理ですといって、顧問のせいにして断ることもできます。当職は、月5万円の弁護士の顧問料は安いと思います。顧問弁護士のいない企業様は、一度導入を検討されてみればいかがでしょうか。

関連記事

  1. 訴えるかどうか悩んでいる方へ
  2. 法的知識をネットで検索
  3. 法テラスについて
  4. 弁護士費用を値切る人に
  5. ホームページの公開
  6. 弁護士会の会長に相談している
  7. 海外メーカー
  8. 商魂たくましい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP