Loading

ブログ

法的知識をネットで検索

 法的知識をネットで検索される方も増えています。
 ネットは無料で便利なのでネットですまそう、という発想になりがちです。しかし、ネット上で無料で収集できる範囲の知識で、必要な知識をカバーできるかというと、できない、ということになると思います。
 ネットには、事件処理に必要な法的知識の一部しか出ていません。
 たとえば判例で言えば弁護士は、一定のお金を払って、専門の判例検索サービスを利用しています。
 そしてネット上で無料で収集できる判例の数は、判例検索サービスに収録されている判例の数よりも、圧倒的に少ないのが現状だと思います。
 また、専門的な論文なども、同じくネットで収集できる範囲には限界があります。ある分野の論文などが必要になった場合、私は、大阪弁護士会館の図書室で文献をコピーするようにしています。
 以上のとおり、事件解決のために必要な法的知識を全てネットで、無償の範囲で調査できるかといえば、答えはできない、ということになると思います。
 私は、ネット上で無料で収集できる範囲の知識は、①圧倒的に量が足りていないうえに、②内容が間違っているものが多い、と思います。私の経験上、ある判例を見つけたために勝訴できた、ということもあります。裏を返せば、その判例を見つけなければ敗訴していたわけです。
 無料で済ませるという発想は、やはり危険だと思います。

関連記事

  1. 法テラスについて
  2. 顧問契約のメリット
  3. 労働事件(使用者側として)
  4. 商魂たくましい
  5. 法テラスとの契約を解約。
  6. ホームページの公開
  7. 訴えるかどうか悩んでいる方へ
  8. 解雇された時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP