Loading

ブログ

訴えるかどうか悩んでいる方へ

トラブルの相手を訴えるべきか、悩んでおられる人もいるように思います。準備も大変そうだし、相手に勝てるか分からない、となると、事を荒立てない方がよいのではないか、と考えてしまうことも分かります。

ただ、仮に負けたとしても、相手を訴えた行為が意味のない行為だったかといえば、そうではない、と思います。

相手を訴える行為には、自分の怒りを治め、傷を癒やす効果があります。特に証人尋問によって、自分の言い分を公的な機関である裁判所に聞いてもらうことは、自分の中のモヤモヤした気持ちをスッキリさせる効果があります。

また、訴えることで、自分の中のけじめを保つこといにも役立ちます。激しい怒りを抱えているにもかかわらず、相手方とのトラブルを曖昧なまま放置しないことは、闘う姿勢を保ったという意味で、必ず、将来に役立ちます。

トラブルの相手を訴えるか悩んでいる方は、当事務所にご連絡下さい。

関連記事

  1. 労働事件(使用者側として)
  2. 法的知識をネットで検索
  3. 弁護士費用を値切る人に
  4. 海外メーカー
  5. 公正さ
  6. 顧問契約のメリット
  7. 解雇された時
  8. 投資詐欺

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP